傷跡が残ることを避けるクリニック選びを

傷跡は女性にとって大問題!信頼出来るクリニックで出来るだけ回避を

小さいバストに悩む女性にとって、その悩みは深刻で大きなコンプレックスとなっている場合もあります。ですから、豊胸手術を受ける女性は大変増えていますが、それでもやはり不安や心配が多いでしょう。仕上がりへの不安はもちろん、女性にとって気になるのは傷跡です。手術によって傷跡が残らないのかどうかは大きな問題ですね。

バッグ挿入の際の傷跡は残らないか

では、まず一番問題とされるバッグ挿入法の際の傷について説明しましょう。シリコンなどのバッグを挿入する際には、もちろんメスでの切開が必要となります。切開の場所としては脇下、乳房下、乳輪下の3つがありますが、ほとんどが脇下からの挿入となります。脇の下の皺に沿って、2~3センチ切開し、そこからバッグを挿入します。これはバッグ挿入法では避けられない傷です。

今はケラーフェンネルという特殊な挿入器具によって、さらに小さな切開で挿入可能となりましたが、少し小さくなる程度で、傷としてはあまり変わらないでしょう。この切開部の傷は、挿入後縫合します。そしてこの時の切開と縫合の仕方によって、傷跡が残るか残らないかに大きな差が出てくるのです。つまり、医師の技術によって運命が分かれると言っても過言ではありません。

大抵の場合、半年から1年経過すると、数センチのこの傷跡はほとんど目立たなくなります。しかし、手術時の医師の技術や、またその人の体質によって、かなりはっきりと傷跡が残ってしまう場合もあります。他の人には目立たなくても、自分としてはとても気になるものなので、信頼出来る医師、そしてクリニックを選ぶ事が大切だといえるでしょう。

バッグ挿入以外にも傷跡が残る場合も

そして脂肪注入法の際には、バッグを挿入するような切開はしませんが、脂肪を注入する為の管を入れる為に、極小さな切開をします。もちろん注射器のようなものですから、通常でしたら決して跡が残るような傷ではありませんが、稀にこの跡が残ってしまう場合もあります。また、脂肪を吸引した部分がデコボコになったりと、吸引部の跡が残る場合もあります。

豊胸手術では、このような傷が発生し、確立としては低いものの、傷跡が残ってしまう場合もあります。これは実際に手術を受けてみないと分からないため避けられない問題でもありますが、出来るだけ評判や口コミを参考に、こうしたトラブルのないクリニックを選ぶと良いでしょう。
(⇒クリニック選びには評判や口コミが大切な理由

小さなバストにコンプレックスを感じて豊胸手術を受けるのですから、傷跡が残ることで、新たなコンプレックスになってしまっては意味がありません。手術を受ける前にはこうした事態があることを理解して、信頼出来るクリニックを選ぶなど、よく検討してみましょう。