バストを育てる栄養素について

良く食べて大きくなる!バストアップのための栄養素はコレだ!

「毎日牛乳を飲めば大きくなる」「キャベツをたくさん食べれば良い」など、昔からバストを大きくしたい人の間では定番の噂ですが、これで確実にバストアップした!という人は多くありません。しかし、胸も身体の一部、身体にいいものは胸にもいい!ということで、バストアップに有効とされる栄養素をご紹介します。

①アミノ酸、タンパク質
人間の体は、タンパク質で構成されています。アミノ酸はタンパク質の素で、20種類のアミノ酸が集まるとタンパク質になります。アミノ酸には、皮膚や脂肪を作るだけでなく、成長ホルモンを促進するものもあります。胸だけでなく、生きていくために必要な栄養素と言えるでしょう。アミノ酸とタンパク質は、ほとんどの食物に含まれています。多く含まれるものは肉、魚、卵、乳製品、大豆製品です。

②ビタミン類
ビタミンは、身体を健康に維持するために必要な栄養素です。A、B、C、Dなど色々な種類がありますが、どれか一つをたくさんとればよい、というものではなく、全てを満遍なく摂取する必要があります。摂り過ぎに注意が必要なものもありますが、肉類、魚介類、野菜、果物など、バランスよく食べていれば、必要なビタミン類は自然と身体の中に取り入れられます。

③ミネラル
ミネラルは無機質とも言い、カルシウム、鉄分などがあります。ミネラルが不足すると、骨粗鬆症や貧血など、様々な症状が起こります。貧血になれば胸にも栄養が行きわたりません。かといって、たくさん取れば良いものではありません。ミネラルの必要摂取量はほんのわずかで、ビタミンと同様摂り過ぎは良くありませんが、ダイエットで○○だけ食べるなど、極端な食事制限をしない限り、普通に食事をしていればまず欠乏することはありません。ナッツ類や豆類、海藻類を食事に取り入れると完璧です。

ちなみに、ボロンというミネラルも注目されていますが、これはホウ素のことです。ホウ素は骨を強くする働きはありますが、胸を大きくする働きに関しては疑問視する声もあります。ですが、必要なミネラルには違いがありません。

結局どの栄養素を取ればいいの?と思う方もいらっしゃるでしょう。答えはズバリ、全部です。これだけ食べたら胸が大きくなる、という魔法の栄養素はありません。どれか一つ欠けてしまったら、胸が大きくなる前に身体を壊してしまいます。それに同じものだけをずっと食べ続けることは難しく、すぐ飽きてしまうでしょう。

個人的に、胸が大きい人は、身体も大きい人が多い気がします。これは太っているというわけではなく、大きな胸を支えるために、骨格や筋肉がしっかりしているのです。

だからと言って、細身の人が諦めるのはまだ早い!よく食べて、よく動き、よく眠ることが、バストアップのための第一歩なのです。