豊胸手術の乳腺下法について

乳腺下法で自然にバストアップする!

豊胸バッグを入れる位置が決まっていることはご存じでしたか?私はただ単に、おっぱいの中にざっくり切れ目を入れて、詰め込めば終わりと思っていました。ちゃんとどこに入れるというのがあったのですね。

それはさておき、豊胸の手術方法には3つあります。一番浅い位置に入れる「乳腺下法」、筋肉の膜の下に入れる「大胸筋膜下法」、一番深い位置で、筋肉の下に入れる「大胸筋下法」です。

このうち、乳腺下法は最もポピュラーな方法と言えます。傷の回復が早く、術後の痛みも比較的すくない、胸の動きが自然である、などのメリットがあります。また、乳腺の下に入れるため、出産後に安心して授乳ができます。

ただし、デメリットもあります。拘縮といって、豊胸バッグに被膜ができた場合、その形が分かりやすい、拘縮そのものを起こしやすい、触った時にバッグの感触が伝わりやすいなどです。

拘縮は多かれ少なかれ起こることですが、テクスチャータイプと言って、バッグの表面がザラザラのものだと起こりにくくなります。また、しっかりマッサージをしていれば、拘縮は極力抑えることができます。感触については、最初はバッグの感触が分かったが、そのうち胸に脂肪が付いて分からなくなった、という人もいます。デメリットの全てをクリアできるわけではありませんが、ある程度は回避できるものですね。

体格などで、乳腺下法が合わない場合もあります。細身の人や、胸が全くない人、皮膚が薄い人などが乳腺下法で豊胸すると、バッグの形がかなりクッキリと際立ち、不自然な胸になってしまいます。その場合は、豊胸バッグの形を代えたり、他の手術法で問題を解消します。

どの手術法でも言えますが、経験の豊富なベテランドクターに執刀してもらうことが安心です。あまり経験がないドクターだと、乳腺法の場合、間違って乳腺を傷つけてしまうことがあります。

とはいえ、トラブルを避けられれば、自然な胸になるのが乳腺下法です。しっかりドクターの説明を聞いて、術後のケアも頑張れば、理想のバストは手に入れられます。