豊胸手術による失敗とダメージの大きさ

失敗しても取り返しがつかない!?豊胸手術での大きなダメージとは?

豊胸手術を受ける際に一番心配なのは、失敗しないかということではないでしょうか。本当に望みどおりのバストになるのか、また身体にダメージはないのか、不安に感じて手術に踏み切れない女性は多いでしょう。では、具体的に豊胸手術の失敗としてはどんなものがあるのでしょうか。

バッグ挿入法における失敗とは

まず失敗例が多いのは、バッグ挿入法です。人口のバッグを身体に入れるのですから、まず異物感がストレスとなったり、感覚が鈍くなるといった問題があります。そして、異物に対する拒否反応としてカプセル拘縮が起こります。これは、異物であるバッグを押し出そうとして、被膜がバッグを圧迫するために起こります。痛みはもちろん、固くパンパンに張ってしまい、見た目も不自然になってしまうのです。

また、バッグを挿入するために身体にメスを入れますから、切開した傷が残ってしまうという失敗もあります。その他にも、バッグがズレたり、ベコベコになったり、いびつになったりと、バストの形が失敗となることもあります。
(⇒豊胸手術による傷跡にはどんなものがあるか

さらに、人口バッグを挿入するとレントゲンに写ることになりますし、何より見た目や感触が本物とは違うため、バレてしまうという不安を常に抱えることになるでしょう。身体とのバランスも不自然になってしまうことも多く、失敗したと後悔する方も少なくありません。

脂肪注入法における失敗とは

また、脂肪注入法にも失敗はあります。まず吸引部がデコボコになってしまったというケースはよくあります。脂肪吸引は高い技術を要する施術であり、技術不足の医師が行うと、神経・血管・筋肉組織に傷を付けて内出血などを起こしたり、吸引ムラが出来てしまいます。これがデコボコの原因になるのですね。

そして注入先のバストでも失敗はあります。少しずつ丁寧に注入をしないと、注入した脂肪が定着せず、石灰化してしまうため、しこりとなるのです。またこの方法では、注入出来る脂肪量に限りがありますから、バッグほどの大幅なバストアップは望めません。しかも体内に吸収されてしまうこともあり、サイズダウンしてしまう例も多いのです。つまり効果なしだったという失敗にもなりかねません。

このように、豊胸手術では様々な失敗例がありますが、失敗したといっても取り返しがつきません。一度手術をしてしまえば決して元通りには戻せないことをしっかり頭に入れておきましょう。しかもかなり大掛かりな手術だと思ってください。決して気軽に行えるようなものではなく、身体へのダメージもかなり大きいのです。

豊胸手術で大きく美しいバストを手に入れたいと願う気持ちはわかりますが、失敗もあるということ、そして失敗によって美しくなるどころか醜くなる場合もあるということを忘れてはなりません。