豊胸手術後のケアは大事です

美しい胸のために、術後のケアは大事です

テレビ番組の特集などで、豊胸手術をして綺麗なバストになった女性を映しますが、術後のアフターケアまで紹介するものはあまりありません。逆に、医療ミスなどで、胸に入れたものが崩れたり、形がいびつになったものは取り上げられますが、マッサージ不足や定期健診に行かないために起こったトラブルはあまり知られていません。

手術後、内出血や痛みが消えたら、マッサージをしていく必要があります。これは、カプセル拘縮によって胸の中に入れた豊胸バッグが、小さく硬くなってしまうのを防ぐためです。カプセル拘縮とは、体内の免疫反応により、他の組織を傷つけないよう、豊胸バッグの周りに被膜ができ、カプセルで包んだようになる現象です。マッサージをしていないと、カプセル拘縮が進み、硬くなるどころか変形して、痛みを生じる可能性があります。

また、マッサージは、豊胸バッグが動く隙間を作るためにも行います。手術で豊胸バッグの周囲に空間ができているのですが、そのままにすると、傷が治るのと同じで、だんだん組織がくっついてしまいます。くっつくのを阻止して、空間のままにするため、マッサージが有効になります。

しかし、マッサージを始めるのは術後1~2週間からで、痛みを感じることがあります。人によっては痛みに耐えられず、マッサージを止めてしまったり、充分なマッサージができていないこともあります。そのため、美容外科によっては看護師によるマッサージがあったり、超音波マッサージをしているところがあります。ほとんどが豊胸費用に含まれていますので、事前に確認してみてください。

マッサージが不要なタイプの豊胸バッグもありますが、自然な胸の動きがなくなるという欠点があります。医師によっては、そのタイプでもマッサージが必要と指導することもありますので、やはり事前に確認が必要です。

マッサージをする期間は、豊胸バッグを入れている間ずっとです。術後はもちろんですが、年月が経って拘縮が進まないとも限りません。隙間も塞がらないとも言えません。毎日の習慣としてマッサージを取り入れられれば一番です。毎日は難しい人は、あまり間隔が開かないようマッサージをしましょう。マッサージで血行も良くなり、皮膚にもハリが出るので、より美しいバストを維持できます。

また、手術を受けた美容外科での定期健診は、面倒臭がらずに行きましょう。数年~一生、定期健診を保障する医院もあります。何かあった時にすぐ相談できますし、自分では気が付かないトラブルも発見できます。普通の定期健診では、豊胸手術を受けたことを申告しなくてはなりませんが、美容外科でなら申告するまでもありませんし、乳がんの検診も含めて行うので、安心できるという利点もあります。

いくら安全性が高い物質であっても、体内に異物を入れているのですから、そのまま放置して無事なわけはないのです。きちんとマッサージすることと、定期健診をきちんと受けることが大切です。