豊胸 クリニック

乳腺下法で自然にバストアップする!

豊胸バッグを入れる位置が決まっていることはご存じでしたか?私はただ単に、おっぱいの中にざっくり切れ目を入れて、詰め込めば終わりと思っていました。ちゃんとどこに入れるというのがあったのですね。

それはさておき、豊胸の手術方法には3つあります。一番浅い位置に入れる「乳腺下法」、筋肉の膜の下に入れる「大胸筋膜下法」、一番深い位置で、筋肉の下に入れる「大胸筋下法」です。

このうち、乳腺下法は最もポピュラーな方法と言えます。傷の回復が早く、術後の痛みも比較的すくない、胸の動きが自然である、などのメリットがあります。また、乳腺の下に入れるため、出産後に安心して授乳ができます。

ただし、デメリットもあります。拘縮といって、豊胸バッグに被膜ができた場合、その形が分かりやすい、拘縮そのものを起こしやすい、触った時にバッグの感触が伝わりやすいなどです。

拘縮は多かれ少なかれ起こることですが、テクスチャータイプと言って、バッグの表面がザラザラのものだと起こりにくくなります。また、しっかりマッサージをしていれば、拘縮は極力抑えることができます。感触については、最初はバッグの感触が分かったが、そのうち胸に脂肪が付いて分からなくなった、という人もいます。デメリットの全てをクリアできるわけではありませんが、ある程度は回避できるものですね。

体格などで、乳腺下法が合わない場合もあります。細身の人や、胸が全くない人、皮膚が薄い人などが乳腺下法で豊胸すると、バッグの形がかなりクッキリと際立ち、不自然な胸になってしまいます。その場合は、豊胸バッグの形を代えたり、他の手術法で問題を解消します。

どの手術法でも言えますが、経験の豊富なベテランドクターに執刀してもらうことが安心です。あまり経験がないドクターだと、乳腺法の場合、間違って乳腺を傷つけてしまうことがあります。

とはいえ、トラブルを避けられれば、自然な胸になるのが乳腺下法です。しっかりドクターの説明を聞いて、術後のケアも頑張れば、理想のバストは手に入れられます。

垂れないバスト、大きな胸、年を取ったらどうなるの?

豊胸のためのインプラントを入れると、トラブルがない限り、半永久的に体内に残ります。つまり、死ぬまでです。若いうちはプリプリの豊かなバストで大満足ですが、人は皆、年を取ります。30代、40代までは、美乳で羨ましい、で済みますが、50代、60代、それ以上になった時は…?

インプラントを入れている人は、多かれ少なかれマッサージをしています。これはインプラントの拘縮を防ぐために行うものですが、血行促進の効果があり、リンパの流れも良くするので、元々のバスト自体にもハリを出します。インプラントによって大きさもある程度保たれますので、年を取ると、胸だけが妙に若い人になってしまうわけです。これはこれでいいのかもしれませんが、ちょっと不自然ですね。

また、インプラントもずっと同じ品質を保つわけではありません。経年劣化と言って、形や品質が変化していきます。その時、変形したインプラントの形が浮き出てしまったり、インプラントの位置がずれてしまうと、胸の形が非常に形が悪くなってしまいます。

さらに、異物を体内に入れていることで、様々な病気になる可能性も考えられます。絶対になる、とは断言できませんが、入れていない人に比べてリスクが高くなることは間違いありません。インプラントの寿命は約10年ほどです。それを超えて使用していると、問題が起こるのも無理もありません。

多くの豊胸経験者は、年を取る前に、インプラントを取るか、入れ直す手術をしています。長く入れていると、やはり何らかのトラブルで再び美容外科を訪れるようになります。

高い費用を払っているので、一生入れたままでいたい、と思う気持ちは分かりますが、何年間を目途に取り出すことを、あらかじめ決めておいた方が、長期的に見た時に、身体にも、精神的にも、負担が少なくて済みます。

豊かな胸にしたいから、美容外科に行きました

胸が小さい人が憧れるのは、大きな胸です。大きな胸を手に入れるには、食事、運動、サプリメント…。それでも大きくならないから、美容外科に行きました。

美容外科にもよりますが、飛び込みでOKなところと、電話予約の必要なところがあります。今回は飛び込みで大丈夫な美容外科にしましょう。受付を済ませましたが、保険証は要りませんと言われました。美容のための豊胸は、保険が効かないからです。場合によっては、保険が効くことがあるから、それは問い合わせてくださいとのことです。

待合室で順番を待ちます。美容外科はキレイなところが多いです。豊胸だけでなく、顔の整形も行うので、患者さんも美に対して厳しい人が多いのです。同じ技術だったら、キレイな医院の方がいいですよね。

順番が来ました。先生は男の人です。先生とはいえ恥ずかしいなあと思ったら、女性医師が執刀することもできるそうです。最初は先生に、豊胸をしたいと相談することになりました。

先生は、私の希望を聞き、診察を始めます。私は痩せていて、皮膚が薄いので、豊胸バッグはこの形が良い、入れる位置はここが良い、と丁寧に説明してくれます。それから、手術の危険性についても説明されます。私は少し怖くなったので、ちょっと考えます、と言いました。先生は、いつでも大丈夫ですよ、あなたがもしこちらで手術を受けられるなら、万全の態勢でしますからね、と言ってくれました。とても感じが良かったので、決心がついたら、ここで受けてみようかなと思います。

いかがでしたでしょうか?一人視点で、来院からカウンセリングまでをシミュレートしてみました。カウンセリングまでは、どこでも気軽に受けられます。シミュレートでは1回で決めましたが、他の医院でも受けてみて、納得するところに決めても良いのです。大切な身体にメスを入れるのですから、自分が信頼できる医院に頼みたいものです。

見た目も大事!胸の整形で自然な美しい胸になろう

服を着ている時は形が良く見えるけど、水着や温泉などで脱いだら、形があからさまに作り物、という人はたまに見かけます。どうせ豊胸するなら、自然で綺麗な形にしたいですよね。

豊胸手術は、個人の体格や希望、医師の技量によって仕上がりが左右されます。先に書いた「あからさま」な人は、そのどれかがマッチしなかった、ということになります。また、詰め物の形、入れる場所によっても違っていきます。

詰め物、いわゆる豊胸バッグですが、よくイメージされるのが、おまんじゅうのような半円形のものです。これはラウンド型と呼ばれ、胸の動きに対応できるため良く使われています。しかし、痩せ型の人や皮膚の薄い人に使うと、豊胸バッグの形が浮き出てしまうことがあります。

もうひとつは、アナトミカル型という、下膨れの半円形のものがあります。胸の形そのものなので、形は非常に自然になりますが、ラウンド型と比べて硬いなどの欠点もあります。痩せ型の人は、アナトミカル型を入れることによって自然な仕上がりになります。

豊胸バッグを入れる位置は、乳腺下法、大胸筋膜下法、大胸筋下法の3つがあります。乳腺下、大胸筋膜下は胸の動きが自然だが、バッグの形が出やすい、大胸筋下はバッグの形が見えにくいが、大胸筋が発達しているとバッグが動きづらい、他の方法に比べ、術後の痛みが強いなど、どれも一長一短あり、個人によって適している方法が違います。

ただし、自分は痩せ型だから、アナトミカル型を大胸筋下法が合ってるのね、というのは間違いです。こればかりは医師の判断にゆだねられます。患者がすべきことは、作りたい胸のイメージをしっかり固め、医師に伝えることです。

そういった意味で、豊胸手術は医師と患者の二人三脚と言えます。医師におまかせでも、自分の希望を押し通しても、美しい胸は手に入りません。医師の手術経験が豊富だと、患者の希望に合い、なおかつ体型に適した手術が可能です。そういった信頼できる医師を探すことも重要です。

手術前後は何をするの?豊胸整形の流れを紹介

どんな手術においても、いきなり「ハイ、切りましょう」で始まるわけではありません。診察をして、患者に説明をし、同意書を書いてから、手術の日取りを決めて、医師は器具の準備、患者は心の準備を整えます。

豊胸手術も同じで、飛び込んでから即!というわけにはいきません。自分の体にメスを入れるのですから、慎重に行きたいところです。そこで、美容外科に行った時から手術後までの流れを、簡単に説明していきます。

まず、美容外科に行ったら診察、カウンセリングを受けます。ここで、自分の希望を医師に伝え、医師が患者の体格などを考慮したプランを提示したり、手術の危険性についても教えてもらえます。ここまではあくまで相談なので、この美容外科で手術を受けなくても良いですし、他の美容外科と雰囲気などを比較するのもいいでしょう。

ここで手術をしてもらおう、と決めたなら、同意書にサインをします。同意書には細かい注意事項などが書いてありますので、じっくり読んでからサインしましょう。

それから、手術の準備をします。手術するに問題がないか検査したり、最終的な胸の大きさ、形を打ち合わせしていきます。ここでしっかり話を詰めておかないと、術後の仕上がりに満足がいかないことがありますので、自分のイメージと医師のイメージが近くなるようにしておきましょう。

そして、準備が整ったらいよいよ手術です。大抵は局所麻酔をしますが、意識があると怖いなど、事情によって全身麻酔になることがあります。手術時間は手術方法によって差はありますが、1~3時間ほどです。手術が終わればその日のうちに帰ることができます。

日帰り手術ですが、少なくとも2~3日は安静にします。できるなら、お仕事はお休みした方がいいでしょう。出血を抑えるために、胸を包帯などで固定しているので、入浴もできません。痛み止めと化膿止めの薬を出されますので、それを飲んで過ごします。ドレーンという管を入れている場合は、手術の翌日に取り除きます。

術後1週間ほどで抜糸をします。まだ痛みや腫れが残っていますが、次第に消えて行きます。腫れが消え、痛みも治まってきたら、指導されたマッサージを始めましょう。痛みがあるので難しいとは思いますが、無理のない程度にしっかりやりましょう。トラブルを避け、仕上がりが綺麗になるために必要なことなのです。

術後1ヶ月で経過観察します。その後も定期的に検診をして、問題がないか調べます。傷口も塞がり綺麗な胸になるのは2~3ヶ月頃です。

とても簡単に説明しましたが、実際はもっと注意すべきことがたくさんあります。これは各美容外科の方針や個人差がありますので、疑問に思ったらすぐ担当医師に聞きましょう。

一時的に胸を大きくできる!「光豊胸」という技術

豊胸してみたいけど、手術は怖い、異物を胸に入れるのはもっと怖い、という人は、「光豊胸」をお勧めします。

光豊胸はバストケア専門のエステなどで受けられます。光を当てるだけなので、痛みは全くありません。この光は波長帯の広い特殊な光で、胸にある脂肪細胞を膨張させる効果があります。光を当てたから脂肪がむくむく膨らむのではなく、血行やリンパの流れを良くし、脂肪細胞に栄養をいきわたらせることで大きくなるのです。これにより、しぼんでしまったバストがハリを取り戻すと同時に、新陳代謝も良くなるので、美肌にもなります。

胸が元気になると、女性ホルモンの分泌も活発になります。ホルモンの減少からくる症状を改善する効果も期待できます。ただ、1回だけで効果が得られるのは難しく、何度も通う必要があります。

費用は1回3万円前後に設定しているところが多く、10回通うとして30万円ほどになります。エステサロンによってはこれよりも安い、または高いところもありますので、事前に問い合わせてみてください。

また、光豊胸が受けられない人もいます。乳がんや心臓病など、胸部に疾患を持つ人は、病状が悪化する恐れがあります。未成年、妊娠中、授乳中の方も受けられません。既に豊胸手術をしていて、インプラントが入っている場合も、光がインプラントを変質させる恐れがあるので受けられません。

さらに、痩せ型の人や、胸に脂肪がない人は、増える脂肪も少ないため、思うように効果が得られない場合があります。光豊胸のサイズアップは1カップ程度です。大幅にカップ数を増やしたい人にはあまり向いていません。

光豊胸は、授乳後や、歳を取ってバストがしぼんでしまった人、ある程度胸がある人向けのバストケアと言えます。

豊胸に対する男性のホンネ…「自然のままの君がいい」

現代の豊胸技術は、見ただけでは豊胸とは分からないほど、自然な仕上がりを実現しています。しかし、その感触は、やはり自然な胸とは違和感があります。しっかりケアをしていて、自分では触り心地も自然な感じになってきた、と思っていても、パートナーである男性には感づかれてしまうものです。

男性は、一般的に「おっぱい好き」と言われています。実際、女性を見る時の視線は、顔と胸、というデータまであるほどです。大きい、小さいの好みはありますが、形のいい美しい胸は、多くの男性が喜ぶのは確かです。

しかし、見た目美しくても、触ってみたら「あれ?」と疑問を感じ、彼女が仰向けになった時も、なんだかおかしい、と違和感が芽生えます。なんとなく、豊胸しているのでは、と思っていても、彼女を傷つけるのではないか、と直接問い正すことはあまりありません。

豊胸していることが分かるのは、男性が疑問をぶつけた時や、結婚直前で彼女が打ち明けた時などです。気が付いていなかった、なんとなく変だと思っていたが、彼女を信じていた、といった場合、男性のショックは計り知れないものがあります。

男性の中では、豊胸をしていること自体は問題にはならず、そんな重要なことを隠していた、彼女に裏切られたとすら感じてしまうのです。男性の名誉のために言っておきますが、女性の人柄を含めて好きになったのに、最初から嘘をつかれていたようで悲しい、と思うのです。

とはいえ、最初から豊胸であることをカミングアウトするのは、女性にとってかなり勇気がいることです。男性であれば、カツラだと言い出せないでいるのと同じか、それ以上の覚悟がいります。

豊胸であると打ち明けた時、男性が受け止めてくれるのが一番の愛情だと思います。すぐにすんなり、とは行きませんが、紆余曲折あった末に認められたら、二人の愛情はより深いものになるでしょう。

ちなみに、日本人は「天然もの」を好む傾向にあります。作られたものより、自然なものが良い、と胸も同様に考えます。胸が小さくても、形が悪くても、自然なままの姿が、お互い無理をせず付き合っていけるのではないでしょうか。

胸の谷間を作ってみたい!手軽にできるエクササイズ

運動で胸はボリュームアップできることをご存じでしたか?豊胸整形のように、短期間で劇的な変化は望めませんが、長期間取り組むことで、形もバランスもいいバストになり、それを保つことが可能です。

胸は、クーパー靭帯というもので支えられています。このクーパー靭帯は、年とともに伸びてしまい、伸びきってしまうと元には戻りません。胸が垂れるのはこれが原因です。このクーパー靭帯を補佐するのが大胸筋です。胸の土台にもなります。男性でも、大胸筋がムキムキな人は、胸板が厚いですよね?ここを鍛えることによって、垂れ防止、サイズアップが見込めるのです。

大胸筋を鍛えるには、ダンベルや腕立て伏せが有効ですが、運動が苦手な人は続けられないかもしれません。そこで、簡単な方法をご紹介します。

まず、椅子に浅く腰かけ、背筋を伸ばします。両手の手のひらを胸の前で合わせ、肘は水平にします。手のひら同士を5秒ほど強く押し合い、力を抜きます。これを5回、1日3回続けてください。物足りなくなったら、回数を増やしてもいいでしょう。

もうひとつは、肘を曲げ、肘先が肩に水平になるように腕を上げます。息を吸って、吐きながら肘同士を顔の前でゆっくりくっつけ、ゆっくり戻します。これも5回3セットで行い、徐々に回数を増やしていきましょう。

トイレに入っている時や、テレビを見ながらでもできるので、暇な時にいつでもできるのがいいですね。

大胸筋を鍛え過ぎると、胸がなくなってしまう、ということも聞きますが、ボディビルダーやアスリートのように、ストイックに運動をしない限り、上記の運動程度では鍛え過ぎることはありません。

ただ、大胸筋だけを鍛えてもアンバランスですので、他の運動やストレッチを取り入れた方が、効果も増すでしょう。現代人は元々運動不足だと言われていますので、これがきっかけで運動の楽しさに目覚めてみてはいかがでしょうか。

豊胸手術のメリット、デメリットを知っておこう

女性にとって、豊胸手術は1度は憧れるものです。今まさにこの瞬間も、豊胸手術をしたい!と決意している人もいるかもしれません。ですが、胸を大きくするだけ、という認識だけだと、「こんなはずじゃなかった…」と後悔することになります。そこで、豊胸することのメリット、デメリットを述べていきます。

最大のメリットは、胸が大きくなる、形が良くなることですね。コンプレックスから解放されることにより、前向きになれたり、表情が明るくなったりと、見た目よりも精神的に上向きになります。

また、胸に何を入れるかによってもメリットが異なります。脂肪注入法だと、自分が気になる部分の脂肪を取って、それを胸に入れるので、痩身とバストアップが同時にできます。ヒアルロン酸注入法では、影響が極めて少なく、メスを使わないので、より安全にバストアップを楽しむことができます。そして豊胸バッグを入れる方法では、カップ数を思うままに上げることができるという点が強みになります。

デメリットとしては、メスを使う手術の場合、痛みや腫れを避けられない、費用が高い、拘縮が起こるとバストが硬くなる、極力目立たないように縫うが、傷が残る、マッサージは入れている間しなくてはならない、定期検診に通わなくてはならない、など、色々とあります。特に、マッサージと定期検診は、怠ると後々トラブルが起こる可能性があります。面倒臭がりな人は注意が必要です。

脂肪注入法は、吸引した脂肪を手作業で洗浄してから戻すのですが、その洗浄が不十分だった場合、胸の中で石灰化してしこりになる恐れがあります。また、入れた脂肪の半分ほどは体内に吸収されてしまうので、思ったより大きくならないこともあります。

安全そうなヒアルロン酸注入も、1~3年ほどで体内に吸収され、元のバストに戻ってしまいます。そのたびに注入すれば良いと思いがちですが、あまり繰り返すと、胸の皮膚がたるみ、垂れてきてしまうといったこともあります。ヒアルロン酸注入は、あくまで一時的なものなのです。

メリットが大きい場合、デメリットも大きくなりがちです。そのことを踏まえ、豊胸することを考えてみてください。

胸を大きくしたけれど…整形後の運動はいつから大丈夫?

豊胸手術後は、2~3日、人によっては1週間ほど安静が必要になります。これは傷口が開くのを避けるため、炎症を落ち着かせるためなど、手術によってダメージを受けた身体を休めるためです。痛みで動ける状態にないのもあります。

運動はまだまだ先です。傷口の治癒が優先になるので、手を高く上げたりといった行動も制限されています。痛みが消えてきても、腫れが引いてきていても、まだまだおとなしくしていてください。ここまでが術後1~2週間ほどです。

それから、術後1ヶ月経ったら、経過観察のため通院します。その時、医師に運動をしていいか尋ねてください。OKが出れば、軽い運動から再開しましょう。いきなりハードな運動をしてはいけません。運動する際は、スポーツブラをしてください。通常、普通のワイヤー入りブラジャーは2~3ヶ月避けるように指導する医院が多いです。また、ジョギングよりウォーキングなど、胸が揺れるのが少ない運動が奨励されています。

痛みと傷の回復には個人差がありますので、上記の日数は目安になります。2~3日で仕事復帰した人もいますし、1週間伏せたままだったという人もいます。

運動も1ヶ月から再開した人もいれば、何ヶ月経っていても、大きくなった胸が揺れるのが痛くて、断念してしまったという人もいます。サポート力の強いスポーツブラをしていても、豊胸バッグが中で動いて不快になることもあります。

医師のGOサインと、自分の身体の調子で、運動できるかできないかは決まります。1ヶ月経ったからと無理はせず、徐々に身体を慣らしていきましょう。